/home/users/1/lolipop.jp-yudonosan/web/wp-content/themes/ryusenji/single.php
img
img

地獄とは何か

なぜ地獄へ落ちるのでしょうか。
亡くなると6日間 山を歩きます。
7日目、ここで法廷にたどり着きます。この日から現世での行いを細かく取り調べる裁判が行われるのです。この裁判で来世の行き先が決定される訳です。閻魔様ですね。
初七日の法要でたくさんの人が手を合わせ、「この人はほんとにいい人であった」というのであれば、その声も届いています。
二七日(ふたなのか)目 無益な殺生をしていないかの裁きがあります。賽の河原を渡るのに六文銭が必要です。

三七(みなのか)日目 邪淫の罪について裁かれます。邪な行いはなかったかを調べられます。

四七(よなのか)日目 ここであなたは秤(はかり)の上に乗せられます。来世の行く先が決まります。地獄行きかな。極楽行きかな。

35日 ここで忌明けとする人もいますが本当はまだ早いのですよ。
 閻魔王(えんまおう) あの有名な閻魔さまにここで会えます。「浄波璃の鏡」という、水晶でできた鏡があって、高性能嘘発見機のように嘘を見抜きます。そして、嘘をついた人は舌を抜かれます。

六七日(むなのか)目 秤と鏡を使った審査結果を、さらに再審査します。

四十九日 いわゆる忌明け
各裁判所で生前の悪行が全て厳しくあばかれますので、各裁判官がとてつもなく怖い人のように思えて来た訳ですが、じつは皆、仏さまであり誰一人あなたを極刑にしたいとは思っていないのです。
なんとか救おうとしてくれています。じつは、裁判官は、それぞれ不動明王、釈迦如来、文殊菩薩 、普賢菩薩、 地蔵菩薩、弥勒菩薩、薬師如来であったのです。
現世では、この日、あなたがよい世界へ行けるよう四十九日法要が執り行われています。
とてもとても大事な日なんですよ。

まだ私は死んだことはありませんが、必ず死にます。これはもう決まっています。
でもこう思うだろうな、ということはあらかた想像できます。

「なぜ、生きているときにしなかったのだろう、正直に生きなかったのだろう」

殺生→肉体を殺戮するということはそうそうないかもしれない。でも誰かの心を傷つけていない?私は自分の言葉の刃を思い出す。もちろん言われて一生忘れられない言葉も。

今、知ったなら今から温かな心で接して、しないようにしたい。それを我々僧侶は修行と呼びます。
一緒に修行しましょうか。

私は滝、山岳、瞑想、写経、五体投地、百万遍お経唱える、というような修行をしました。
その中で写経が良かったですね。あまり楽ではないけれど、大変な分すごく心が整います。
今度ひとつやってみましょうか。

360°境内ストリートビュー

グーグルストリートビューにおいても境内を見ることが出来ます。撮影時期(2021年夏) 。

Google ストリートビュー

ストリートビューは、Googleが提供するGoogleマップの機能の一つで、街中や観光名所、大学内などをその場にいるかのように360度のパノラマ写真でご覧いただけるサービスです
大鳥居や楼門、本殿はもちろんのこと、要石や御手洗池まで網羅されており、荘厳な神宮の境内を余すところ無くご覧頂けますので、どうぞご利用ください。

Read More
img

今後のイベントスケジュール

湯殿山龍泉寺で勉強会

写経・写仏を開催
重要文化財保護の会「円空会」定例会

Latest-ブログ

小さなお寺の住職です。
お寺の日常や仏教エッセーなどを載せています。

Instagram

インスタグラムからランダムに写真が表示されます